アルコール依存症と大酒のみの違い

こんにちは。心理カウンセラー佐藤城人です。

今回は、少し自分の自己開示も含めての投稿です。

私自身、元アルコール依存症者です。

32歳の時に精神科に入院、その後35歳になって、初めて本気で酒をやめる決心をしました。

「アルコール依存症と大酒のみの違いは、どこにあるのですか?」

この質問、クライエントさんやそのご家族から、よくいただきます。私は次のように説明しています。

「浴びるほど飲んだ翌朝。仕事があるにもかかわらず、

迎え酒と称し、冷蔵庫の缶ビールを飲んでしまうのは、アルコール依存症。

飲まずに我慢をして、その日の仕事が終わったあと、大いに飲むのは大酒のみ」

このように、アルコール依存症になってしまうと、仕事よりも酒の方が重要となります。

仕事、家族、友人などよりも、すべてにおいて酒が一番大切となってしまいます。

朝から一杯引っ掛けているのですから、仕事でもミスを起こします。

場合によっては、遅刻や欠勤してしまうこともあります。

このような状況は、第三者からみれば、かなり滑稽に見えますし、迷惑を被る人も多いことでしょう。

しかし、本人にしてみれば、「やめたくてもやめられない」

という苦しい状況に陥っているのがほとんどです(依存症を擁護している訳ではありません)

「休肝日はちゃんとありますか?」

酒の問題を訴えるクライエントさんに、私が確認する質問です。

この質問に出てくる休肝日には、2つの意味があります。

①アルコールを分解する肝臓を、休ませることの必要性を説いたもの。

②自分の意志で酒を飲まない日を、設けることの必要性を説いたもの。

①は身体の面から、②はメンタルからの視点です。

依存症は、「コントロール障害」と言われます。

酒であれば飲酒の欲求を、タバコであれば喫煙の欲求を、

薬物であれば薬物への欲求を、それぞれ自分の意志では「コントロールすることができない病」です。

従って休肝日が必要と思っていても、実際には守れていない場合は、

アルコール依存症の恐れがあります(なお、依存症か否か、正式に診断を下すのは医師の範疇です)

また、この「コントロール障害」は、

たとえ原因となる酒・タバコ・薬物などの依存の元を断ち切ったとしても、

数年後再び手を出してしまうと、昔の依存状態に戻ってしまうことが指摘されています。

脳が依存物質から受け取る快楽を記憶しており、その記憶は死ぬまで消えることがないからです。

従って依存症は、『回復はあっても、完治はしない病』でもあります。

「回復を信じてください。完治しない病ではありますが、

やめてしまえば普通の生活を送ることは十分に可能です。

酒をやめて18年経つ私自身が良い例ですから」

不安そうなご家族の皆様に、私が毎回お伝えしていることでもあります。

そして、元経験者としての立場から、クライエントさんやご家族の悩みに寄り添い、

私はカウンセリングを行っています。

「依存症かな?」「依存症をどうにかしたい」などのご相談、承ります。

心理カウンセラー佐藤城人でした。

依存症かと思ったら

アルコール依存症を完全に、乗り越えられた佐藤城人さんは、

薬物依存、アルコール依存、さまざまな依存でお悩みの方のカウンセリングを行っています。

クライエント側がわかるからこそ、心強い味方ですね。

佐藤さんのカウンセリングはこちら http://espoir.jpn.com/