カウンセリングは内容によっては法を知っておく必要がある

こんばんは!管理人の飯尾真理香です。

今日は、カウンセリングを受けていると

法をおさえておくべきご相談内容や、弁護士相談が必要となるケースがございます。

たとえば、メンタルの領域、以前に

相談内容が脅迫であったり、法的に侵害されていたり警察に相談すべきこともあります。

「その会話は、脅迫になりますね」とか、

「その内容は法的に侵入してはいけないエリアにはいっていますね」などのケースがございます。

法的なことを事前にしって置くべき事が多々あります。

ですので、カウンセラーさんが相談ケースにより、弁護士さんを紹介するケースがあります。

法を知っているだけで、身をまもったり、安心したり、守られたりします。

ぜひ、カウンセリングではなしてみてください。