社長&リーダーカウンセリング ある経営者のお悩み

心理カウンセラー、

姐さんサポーターの山口むつみです。
早くも9月
8月のカウンセリング内容を整理してみると、
今月は経営者様やリーダーの方のカウンセリングが多かったなと。
その中に、ご自身の課題を何点かご相談された社長さまがいらっしゃいました。
仕事のご依頼が溢れ、参ってしまう自分を変えたい
うまく伝えたいことを言えるようになりたい
聞き取りの悪さをどうにかしたい
このような個人的な3つの課題をあげました。
1つ目の課題を踏まえ、彼女に自身のビジョンを確認したら
経営者ではなく、技術者としてクオリティ高い仕事をし続けたい
と、いうことなれば、人を増やして会社を大きくしたいわけではない。
請け負いきれない仕事を受け続けることは、技術者としての自分をただただ苦しめることになり、本来のビジョンに近づくことはできない上に、すべてが中途半端になり満足できる仕事ができない。
一つ一つ、今かかえている問題を、心と現実の部分で整理をしていきました。
基本的には、この社長さまの心理は「出来る人」であるがゆえ、そして人が良く、断れず、快く受けてしまう。
しかし悪い言い方をすれば、安請け合いになりかねない。
それを、内容によっては「勇気を持って断る」ことが、重要になってくる。
気がつけば赤字になりかねない仕事、エンディングを迎えられない顧客などが見えてくる
顧客も、だんだん慣れるがゆえ甘えが出てきて、仕事依頼があいまいに契約以上のことを求めてくる。
しっかりとした仕事で顧客の信頼を得たいと思うなら、顧客からの依頼内容をしっかりと見極め、手に終えないと判断するものは断る勇気を持っていく。
それも、優良顧客を大切にし、信頼関係を損なわないことに繋がるのです。
2番目のテーマは、人にうまく伝えたいということ。
これは、相手の行動心理を前もって読むことで、心地よく伝えやすくする方法をお話ししました。
勉強熱心で何度もカウンセリングを受けたことのある社長様は、その手段をすぐに理解されました。
3つ目のテーマは…。
となったところで、社長様より
「これは次回のカウンセリングでお願いします」
とおっしゃいました。
ご自身で、あれこれいっぺんにではく、改善策自体も整理をしながら焦らず順番に取り組もうと考えられた。
この社長さまは、きちんと周りのことが冷静に見えているので、私との話も素直に受け止め、そこから自らの気付きをその瞬間に変換し伝えてくださる。
頭がよく、合理的でアイデアに溢れた社長様だからこその、レベルの高いお悩み。
私にとっても、とても刺激になりました。
ご自身の見直し。
前に突き進むだけではなく、立ち止まって整理する。
実はそれは、個人の悩みのようで、周りの顧客やスタッフのためにもとなり得ること。
むしろ、そちらの方に影響が大きいわけです。
そんな社長様の人間力、更に成長しますね
引き継ぎ、応援します
(山口むつみ)

人間関係・コミュニケーションのプロがお悩みを1回のカウンセリングで解決する、姐さんのブログ