こんばんは 仕事やスポーツ、子育てでやってはならない

ミスをしてしまったとしたら、

本当に悔しいですね。大ベテランでも人間ですから、まさかのミスを起こすことがあります。

どんな状況、心理の時にミスを起こすのか

そこで今回はどんな状況、心理の時にミスを起こすのか?ミスを起こさないためにはどうしたら良いか。考えて見ました。

集中力が切れる時

私たちは大抵、ミスをする時は集中力が切れた時です。ではどんな時に集中力は切れるのでしょうか?

  1. 忙しすぎてプライオリティがわからない。パニックに近い状況になる。焦る。
  2. 長丁場のラリー。私はゴルフをやっているのですが、どんなうまい方でも18ラウンドで、必ず集中力が切れる時があります。
  3. 他人に依存できる環境 他の人と組んでる場合、球技のお見合いっこみたいな状況でミスがおきます。相棒が見てくれるだろう、とか、部下がちやんと間違えないで進行してくれるだろうという気の緩みからきます。
  4. 慣れている仕事など いつもやっているじゃないかみたいな気のゆるみから確認を抜いたため起きることがあります。
  5. キャパを超える時間と量 これも集中力は切れます。
  6. 疲れすぎている
  7. 下請けの仕事 なぜ下請けの仕事がミスを犯しやすいか。それは自分が矢面に立っていないからです。どこかで責任がないと思っているからです。

ではミスを起こさない 集中するためには

  1. 確認を怠らない
  2. 過去のミスが起きた記録をリストに残して貼っておく
  3. 1つ1つおちついてこなす
  4. 集中するためにスマホ電源オフ
  5. 時間的に余裕を作って計画を立てる
  6. ペンでチェックしていく マーカー、定規、赤ペンなど
  7. データより紙で見直す
  8. メモする
  9. 疲れを回復するために 休養する
  10. 気持ちを切り替える (ミスした自分に浸らない)次をみる
  11. 間をおく
  12. 第三者の目で見てもらう
  13. スポーツの場合は必ず集中力が切れる時があるから、どこで切れるのか把握しておくと良いですね。

集中するとなぜ気絶するように眠ってしまうのか

不思議です。一日集中しすぎた夜は床に倒れて爆睡するなど、集中すると不思議とそのようなことがあります。

脳が披露するからかもしれません。

いかがでしたか?他にもアイデアがあったら実行して見てください。

(飯尾真理香)